top of page
  • 執筆者の写真執筆者 せいぶ歯科

第3回 『あっ!今、食いしばっていませんか?』                山本 寛樹  

更新日:2021年4月12日

TCHという言葉をご存知でしょうか?Tooth Contacting Habit(歯列接触癖)の略で、上下の歯を常に持続的に接触させる癖のことです。噛みしめ・呑気(どんき)症候群という名前でも知られています。

 要は食いしばりのように噛みしめる時間が長いことでおこる、体の不具合のことを示しています。(体です。口だけの問題ではないのです!)なんだか噛むことや食いしばることが、いけないことのように聞こえますね。食いしばることは決して異常ではないのですが、実は人はリラックスしている状態のとき、歯は接触しておらず、会話や食事の際に接触する時間を含めても1日20分程度が正常であると言われているのです。ところが、力仕事や緊張を強いる作業や考え事、集中力を高めたいときなど状況により、人はすぐに食いしばります。それが段々癖となり、先ほどの時間を優に超える状態が日々続くと、それは『過ぎる』状態となるわけです。

 噛むことは、歯どうしがただ動くのではありません。歯を支えている顎、その顎を支えて動かしている筋肉、それら筋肉に連動する筋肉などなど、全身が関わる運動です。噛みしめは全身に影響を及ぼし得るのですが、顎、顔面領域に限ってみても、歯の磨り減りや、歯の脇の楔状の穴、歯茎のやせ、知覚過敏、顎関節症などに関わっていると言われています。癖や症候群とは人が気がつかないうちに、あるいは気付いていたとしても特に気にせず行っている習慣的な行動のことですから、実はすでに『過ぎる』状態になっているにも関わらず、気が付かないまま過ごしているとか、違和感を持ちながら不定愁訴として片付けてしまっているかもしれません。ちなみに歯科では、無意識の歯の接触を3つに分類しています。クレンチング(強く噛みしめること)、グライディング(ギシギシと横にこすれ合わせること)、タッピング(カチカチと噛み合せること)、まとめてブラキシズムとも呼ばれています。

 私たちも顔面や口腔内の状態から疑いを持ち、推測していくことが多いのですが、特に音がしない噛みしめはやはり自覚症状もなく、その疑いのお話をさせていただいても、なかなかご理解いただけないことが多いのも現実です。就寝中などは特にわからないことの方が多いはずですから、まずは日中、ふとした時に歯を接触させていないか、確認してみることをお勧めします。もし、気が付いたとしたら、是非わざと接触させないように心がけてください。そうすることで、無意識下(夜間や就寝中)の接触も軽減していく可能性も出てきます。もちろん、ご自身ではなかなかコントロールできないとか、実際にどうなのか不安であれば、状況に応じて指導やマウスピースの作成を行っておりますので、思い当たることが少しでもあれば、まずは相談していただきたいです。

 最後にもう一度

 あっ!今、食いしばっていませんか?

最新記事

すべて表示

第5回 『正しい口腔内清掃とその将来性とは』      岡井 悠将

皆さんは普段どのように歯磨きをされているでしょうか。磨き方だけでなく、いつ磨くか、何を使うか、一回当たりの時間など自分の中で当たり前になってしまった普段の生活習慣に関しては何かきっかけがないと改めて見直す機会とういうのは少ないのではないでしょうか。今回のコラムではそういったきっかけの一つとしてお役立ていただければと思います。歯磨きによる歯垢の除去を専門的にはプラークコントロールといいます。まずはこ

第4回 『予防とメインテナンスの必要性』                佃 文蔵

皆さん、最後に歯医者を受診したのは、いつですか? 「別に痛いところもないし、ずっと行ってないよ」という方、要注意です!気付かないうちに口の中の崩壊が進んでいるかもしれません。歯を失う原因の第一である歯周病は、症状なく進行していきます。歯が痛い、グラグラしてきたと気付いたときにはもう遅く、歯を抜くしかない状態ということもあります。 そうなる前に早めに疾患を発見・治療し、再び悪くならないようにしていく

第2回 『30歳以上の日本人の8割が歯周病!?』              西海 俊孝

歯周病は老化によるもの? 加齢と共に歯を失う人が増えています。これは老化によるものでしょうか。また世間的には、生まれつき歯が強い、弱い、という声を聴くこともありますが、「歯の失いやすさ」は生まれつき決まっているものなのでしょうか。 歯を失う原因の第一位は、歯周病です。 そして歯周病が進む一番の原因は、実は歯の汚れ(プラーク)の中に潜む細菌や、細菌の出す毒素が原因なのです。歯磨きがしっかり行われてい

Comentarios


bottom of page